特商法はパソコンスクールや学習塾でも適応される

特商法ですが、契約を必要とする物、例えばエステの他ネット通販などは実は利用者側が不必要なサービスであると実感した場合、契約を破棄し契約を破棄した上で解約時に解約料を支払えばそれ以上の請求を必要としないという決まりがあります。

例えば、パソコンスクールであれば、2か月目以降から解約を申し出ることができ、必要ないサービスであると認識した場合、解約を有料で行うことができるのです。

なお、パソコンスクールであろうと、エステであろうと実はクーリングオフ期間という物が存在しており、その期間中であれば、実はサービス料金ですらなかったこととして契約を白紙に戻すこともできるのです。

ですので、学習塾などでこの学習塾ではうまくやっていく自信がないなどの他、このパソコンスクールではうまくやっていく自信がないという場合、クーリング期間中であれば契約を無かったことにできるのです。

ちなみにサービス自体がマルチ商法のようなねずみ講であった場合、特商法はどう機能するかですが、パソコンスクールであろうと学習塾であろうとねずみ講のような形で利用者を集めるタイプである場合、日数に限らずいつでも解約をすることができますが、条件があり、必ずマルチ商法で販売したサービスや商品を手元になる状態でかつ、商品やサービスの受け渡しが90日を過ぎていないという条件でなければ成立しません。

つまり、ねずみ講の場合、解約をすることができる期間が通常のサービスや商品購入よりも長くあるため、その間に気が付けば売買契約自体を無かったことにできるのですが、商品を消費したり、壊してしまったりした場合、契約上契約を解除することができないのです。

ちなみに、ねずみ講の場合、対象となるサービスや商品が悪質であると認定された場合、お話はさらにややこしくなり、安全性が認められてない物を購入したのであれば、対象となる事業者を訴え出る権利が生まれ、訴えることで全額費用を改修したり、万が一商品やサービスが原因で怪我をしていた場合、けがの保証なども受けることができるので特商法とは、実は商品に欠陥があったりサービスに血管がありけがをした場合、治療という保証を受けることができるのです。

特にエステの他習い事で怪我をした場合、即座にスタッフの方々が対応を図るのはそうした理由からで、訴えられた方がかなりお店側にとってはリスクを負う要因となるため、多くのまっとうな事業者は即座にけがをした人物に対しては手当てを行い、場合によっては医療費を支払うのです。

タイトルとURLをコピーしました